皮膚科でも普通に誤診されてしまう手掌多汗症

 

 

医師:「おそらく精神的なものなので、深呼吸したりリラックスすればこの手汗は改善されると思います。あまり気にしない方がいいと思います。」

 

多汗症の人にとって、お医者さんのこんな感じで言われるのが一番悲しい、というか、本当に落ち込みますよね(^_^;)ガッカリ

 

ただの汗かきではなく、本当に手汗で悩んで、恥ずかしさをグッとこらえて、勇気を出して病院に足を運んでいるのに、、、

 

こんな経験された方が、本当にどれだけ多いことか(~_~;)

 

声を大にして言いたい!

 

手のひらの汗、手掌多汗症の原因精神の問題全く関係ありません(^◇^;)/

 

医者でも手掌多汗症を知らない先生が多いのが現実

 

 

手汗でこれから病院(手汗を専門としない皮膚科など)に行こうと考えている方はまずこのことを頭の片隅に入れておくべきです。

 

私自身、都内のそこそこ大きなクリニックに足を運んだ際に、医師に「手のひらの汗が酷くて改善したいんです。」と告げると、「はっ?それは汗かきということですか?」と言われたことがありますw

 

その時、「あ〜、手掌多汗症についてお医者さんなら誰でも知っているわけではないんだ〜」と少し驚きを感じたのを覚えています。

 

その日帰宅してから、他の病院はどうなんだろう?と電話で確認しましたが、やはり半数の病院ではよくわかっておらず、残りの多くも的を外しているような感じでした(^◇^;)

 

そもそも手の多汗症は病院に行っても意味がない?!w

 

多汗症の飲み薬は副作用が酷く、その場しのぎです(^_^;)

 

上述のとおり、もし病院を訪れるならば多汗症治療を宣伝している病院、もしくは多汗症の専門医の元に行くべきです。

 

とはいえ、じつは残念ながら病院に言っても絶対の解決策がないのがこの手汗の悩みです。

 

もちろん手術(ETS)を行えば手汗は止まりますが、代償性発汗で日常生活が困難になる恐れがあるのでそれは最終手段です(^◇^;)

 

なので手術という選択肢を除くと、基本的には、汗止めの飲み薬(プロパンテリン)、汗止めの漢方(黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ))、もしくは制汗剤(塩化アルミニウム水溶液ミョウバン水)などが処方されることになります。

 

ただし、このどれもが効果が全くなかったり、副作用が酷かったり、皮膚が炎症して眠れないほど痒くなったりする恐れがあります。(もちろん全部、実体験済みですw)

 

しかも、じつはこれらの漢方などは普通の薬局でも簡単に買うことができますw(病院は初診料とかあるので、試してみる程度なら薬局で買う方が安いです。)

 

虫歯は歯医者に行かなければ治せませんが、多汗症は『病院に行けば確実』『病院にしか解決できない』というわけではないということです。

 

多汗症は十人十色!医者は貴方ほど貴方に詳しくない!

 

多汗症は個人差が非常に大きい病気です。

 

発汗の量発汗の部位発汗のタイミング効果的な対策薬や制汗剤の効果、どれもが一人一人大きく異なります。

 

このページをご覧いただいているということはある程度多汗症についての知識をお持ちの方だと思うので、手術(ETS)の効果や副作用にも大きな差があることをご存知ではないでしょうか。

 

そういった副作用などの取り返しがつかないリスクもあるので、ネットなどでしっかりと情報を集め、それこそ専門医ではない一般的な皮膚科の先生よりも、多汗症の分野だけなら詳しいというくらいになるべきです。

 

それに貴方の手汗の症状に関しては、医者よりも貴方の方が確実に詳しいわけですから(*´∀`*)

 

もちろん時間をかけて調べたり、手汗と向きあって生活するのは大変です。

 

それでも、手汗を克服した方の多くはそうやって失敗経験を繰り返し、幸せを手に入れています。

 

手掌多汗症には必ずゴール(納得できる状態もしくは完治)があるので ’’理想の手’’ になるまでどうか諦めずにいろいろ試してみてください!