多汗症治療器ドライオニックの真実をお伝えします!

 

※今回は『ドライオニック』に関する記事ですが、家庭用イオントフォレーシスの治療器はいくつも種類(『Dermadry:ダーマドライ』など)があります。ただ、どれも基本的な原理は同じなので参考にして頂けるのではないかと思います( ´ ▽ ` )ノ

 

ドライオニックの真実の口コミと欠点

ドライオニックは新品2台セットで¥25,000程度(安価な部類)

 

今回は、家庭でお手軽に多汗症治療器(イオントフォレーシス)の元祖的な存在のドライオニックをレビューしたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

 

いきなりですが結論からお伝えすると、、、正直、微妙なんです(^◇^;)

 

手のひらと足裏の汗がヒドくて、最初にドライオニックを見つけた時は、そりゃもう喜びと期待でワクワクでしたが、実際に1〜2年間使ってみると、やっぱりわかってきます、本当のことがw

 

使うとわかるドライオニックには欠点が意外と多いw

 

公式ページのこんなリラックス体勢は現実には不可能w

 

 

<ドライオニックに対する不満>

 

  • 毎回、最低でも30分〜1時間使用するのは想像以上に大変!片方づつやるならさらに倍の時間(^_^;)
  • 他のことをしながら治療できると言っても、ジッとしていないといけないのはストレス!
  • 冬場などは水のせいで手足がキンキンに冷える(^_^;)そして使用すると水が周囲に必ずこぼれる
  • MAXパワーでやると我慢できる限界に近いビリビリ感w(効果を感じるには強めにしないとダメw)

 

わかりやすいドライオニックに対する不満をサクッと挙げても、多くの人がだいたいこんなふうに感じるはずです(´艸`*)

 

でも、実際に長く使い続けると、さらに根深い不満欠点が出てくるんですね〜。

 

ドライオニックを買うか買わないかの判断材料になると思うのでそこらへんをもう少し詳しくお伝えしたいと思います!

 

効果が出たり出なかったり原因がわかりにくい!

 

ドライオニックの原理は、、、水に電気を流し、、、アルカリイオンが発生、、汗腺に炎症を起こして、、と、まぁここでは長くなるので割愛しますw

 

ともかく重要なのは効果なので、そっちに話を集中すると、、、

 

ドライオニックには効果が出たり、出なかったりとバラツキがあります!(個人差だけではなく。)

 

1ヶ月間、毎日使用して効果が出ず、3日間ほど止めたら・・・・5日間ほど汗が止まりました。(完全に効果を感じたのはその一度だけですw)

 

「なるほど!止めてたら効果が出るのか!」と気づき、同じように再開しても、今度は全く効果がありませんでした(?◇?;)なんで〜??

 

何度も何度も、継続期間や周期を変えてた結果、おそらく、汗が止まっているときにやると効果が高いようですが、そもそも汗が止まっているなら多汗症ではないというジレンマにぶつかりますw(治療中は水に浸けてしまうので汗の量が確認しづらいし(^_^;))

 

効果に個人差が大きいだけでなく、自分一人でも効果がわかりにくいと感じましたw(おそらく汗レベル1ぐらいの軽度の多汗症の人にしか効果が薄いのだと思います。)

 

AC電源化をしないと続けるのムリじゃない?(^◇^;)

 

 

ドライオニックの使用には電圧が高い「9V角形アルカリ乾電池」を使用します。四角いやつです(^^)/

 

ただでさえ、あの丸い筒の形じゃなくて代用が利かないのに、2時間も使うともうパワーが落ちて弱くなってしまいます(~_~;)

 

近所の100均で買い占めないといけませんw 大量に持って怪しいですが、我慢してレジに並んでくださいw

 

もし、普段日常でほとんど使うことのない四角い9v乾電池が売り切れということは、近所にドライオニック使用者がいるということです(`・ω・´)ゞ

 

とはいえ、年単位でドライオニックを使用するとなると、やはり乾電池での使用は現実的ではありません。

 

結局はACアダプター化(コンセントで使用できるように改造)が必須です!

 

私は自分でACアダプター化しましたが、自分でやると2台でも¥3000程度で、誰でも簡単にできます( ´ ▽ ` )ノ

 

よく感電するリスクがあるなどとも言われますが、私はそういった危険は一切感じませんでした(^^)/(ドライオニックで感電死したというようなニュースも聞いたことはありませんが自己責任でお願いします。)

 

パーツ交換とメンテナンスは想像以上に面倒です!

 

片方2枚づつ、左右で合計4枚づつ

 

前項のように、購入してからも改造などの手間がかかる上に、使用していると交換しなければいけない消耗部品も出てきます(^◇^;)

 

赤丸で囲んである、フェルトパッド電極であるアルミニウムの板です。

 

フェルトは丈夫な厚手のフェルト布などで代用ができそうですが、アルミの電極は難しいかもですね(^◇^;)

 

アルミの板は使用すると3ヶ月から半年程度錆びてしまいます

 

錆びると当然ビリビリ感が落ちて汗止め効果が落ちてしまいます

 

耐水ペーパーなどで表面の錆びを落とすと復活しますが、これがなかなか落ちなくて結構面倒なんです!

 

しかも、そのヤスって出たアルミの粉が細かくて、手はもちろんお風呂場などでやると床が黒ずんで、今度はその汚れがなかなか落ちなくて、、、電極のアルミ板を磨いてたのに、気が付いたら手と床を必死に磨いていました(^◇^;)w

 

根治しないのに中古品が出回るのおかしくないですか?w

 

メルカリ・ヤフオクetc、ドライオニック中古出品多数!

 

ここまでドライオニックについてやいのやいの書きましたが、誤解しないで頂きたいのは、別にネガティブキャンペーンをしたいわけではないんですw

 

それこそ私だけが個人的にドライオニックと相性が悪くてブーブー文句を言って、多くの皆さんがご満足しているなら、それは何よりなことです。

 

むしろそうであって欲しいと思っています!

 

でも現実はというと、、、

なんかドライオニックの中古品が出回りすぎじゃないかな(^_^;)w

 

「あれ?!ドライオニックでは多汗症は根治(完全治癒)できないから、、、汗を止めるには使い続けないとダメなはず、、、なのに、え?あれ?売っちゃうの?」

 

まぁ、あまり深く考えるのはやめて、みんな必要なくなったというわけですね👍✨

 

【まとめ】ドライオニックを買うべきか否かはここで決めろ!

 

今回ドライオニックの本音をお伝えさせて頂きましたが、実際に買うべきか否かを問われると難しいところです。

 

くどいようですが、多汗症そのものにも、そしてドライオニックの効果にも個人差が大きすぎるからです(^◇^;)

 

ただそれだとあまりにも曖昧でここまでご覧いただいた皆様に申し訳ないので一応の個人的な購入の判断基準をお伝えしたいと思います。

 

<◎ドライオニックを買ってもいいかもな人>

  • 軽度の手汗(レベル1以下)で少し汗でシットリする程度の方
  • 自分でアダプター化もできそうだと思える方
  • 新品で買ってもいいかなと思える方(中古は劣化の可能性大)

 

<△ドライオニックはちょっとどうかなと思う人>

  • 中〜重度の手汗(レベル3)で指から滴るくらい手汗をかいてしまう方
  • 継続したドライオニック治療が難しい方(セット片付けなども大変、使用環境が大事)
  • ドライオニックを買ったら絶対に後悔したくない方(効果は50%ぐらいと考えるべき)

 

1日も早く汗のお悩みを解決したい気持ちはよくわかりますが、これらを踏まえた上で、他のイオントフォレーシスの治療器と比較するなど、じっくり検討してみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

 

以上、ドライオニックに関する本音の口コミでした!

最後までご覧いただきありがとうございました。